乳酸菌革命と善玉菌のチカラを
比較した情報を紹介している
ページです。

乳酸菌革命と善玉菌のチカラに
ついて、特徴や飲む量、
菌の数や種類、原材料・成分、
価格とコスパなどについて
比較してまとめています。


また、小さいお子さんに
飲ませたい場合には
どちらがおすすめ?
という情報も調べました。

まずは大きな特徴から
お伝えしていきます。


乳酸菌革命と善玉菌のチカラの大きな特徴について

乳酸菌革命は16種類の乳酸菌が
1粒に500億個も入っていると
いう乳酸菌のサプリメントです。

大きな特徴は、乳酸菌生産物質
配合されているところ。


乳酸菌生産物質とは体内で乳酸菌に
よって作られる物質のこと。

TVで話題の「短鎖脂肪酸」も
乳酸菌生産物質のひとつです。

そんな乳酸菌生産物質のほか、
食物繊維やオリゴ糖、
ビフィズス菌やガセリ菌、
ラブレ菌などが配合されていると
いう特徴もあるサプリメントです。

善玉菌のチカラは、

『クレモリス菌FC株』

という乳酸菌が使われている
サプリメントです。

『クレモリス菌FC株』はお通じを
改善する乳酸菌だということで、
善玉菌のチカラを摂取することで、
排便回数が変わるとのこと。

そのクレモリス菌FC株を
配合時に40億個以上、1粒に
凝縮しているそうです。

クレモリス菌FC株のほかに、
アルギン酸カリウムという
食物繊維やカルシウムなども
配合されているという特徴が
あるサプリメントです。

次は乳酸菌革命と善玉菌のチカラ
について、飲みやすさや菌の数と
菌の種類、原材料、価格などを
比較していきます。

乳酸菌革命と善玉菌のチカラの違いを比較

1、形状、飲む量、飲みやすさ

乳酸菌革命も善玉菌のチカラも
カプセルタイプです。

飲む量は、

乳酸菌革命が1日2~6粒が目安

善玉菌のチカラが1日1粒が目安

となっています。

どちらもカプセルタイプなので、
飲みやすさは大きくは変わらない
のではないかと思いました。


2、菌の種類と、菌の数

乳酸菌革命は、ビフィズス菌・
ラブレ菌・ガセリ菌など16種類の
菌が使われており、

1日の摂取目安量である2粒で
1000億個も摂取できます。

その点から見て、菌の種類と量
どちらも多いサプリメントだと
言えると思います。

善玉菌のチカラは、菌の種類は
クレモリス菌FC株の1種類に
絞られているようです。

そのクレモリス菌FC株が配合時に
40億個以上1粒に凝縮されている
とのこと。

ただ、商品詳細の機能性関与成分には

「クレモリス菌FC株(L.lactis.subsp.cremoris FC)1,000万個(生菌として)」

と表示されていたので、
1日の摂取目安量である1粒で
1000万個摂取できるとの
ことでしょうか?

2つのサプリを比較してみると、
菌の種類と量はどちらも乳酸菌革命
の方が多いですね。

1度に色々な菌を摂りたいという
場合や、たくさんの菌を摂りたいと
いう場合には乳酸菌革命の方が
良さそうだと感じました。


3、成分、原材料

乳酸菌革命の原材料は、

乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)

食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)、

ガラクトオリゴ糖

コーンスターチ

グルタチオン含有酵母エキス末

乳酸菌末(EC-12)

有胞子性乳酸菌

乾燥生菌末(ガセリ菌)

ラブレ菌

HPMC

といった内容になっています。

乳酸菌生産物質粉末のほか、
有胞子性乳酸菌や乾燥性菌末、
乳酸菌末、ラブレ菌といった
菌が使われていますね。

イヌリンなどの食物繊維や
ガラクトオリゴ糖といった
善玉菌にとって良い成分も
配合されています。

乳酸菌革命の原材料を見て
これなんだろう?と思うのが
HPMCではないでしょうか。

HPMCという原材料は
カプセルに使われている
ものになります。

HPMCは完全に植物由来の
安全性の高い添加剤だそうで
食品や薬などに幅広く
使われているとのこと。

次に善玉菌のチカラの原材料は、

乳酸菌末(還元水あめ、乳酸菌原末、デキストリン)

ゼラチン

デキストリン

貝カルシウム

アルギン酸カリウム

ショ糖脂肪酸エステル

といった内容でした。

この中で個人的に気になったのは、
ショ糖脂肪酸エステルというもの。

聞いたことがなかったので
調べてみたところ、

シュガーエステルとも呼ばれる
食品用乳化剤だそうです。


4、価格・コスパ

乳酸菌革命と善玉菌のチカラの
価格を比べてみました。

通常価格の場合、

乳酸菌革命は、3,240円(税込)

善玉菌のチカラは、2,550円(税込)

となっています。

善玉菌のチカラの方が価格は安いですね。

定期コースの価格でも、

乳酸菌革命は、2,970円

善玉菌のチカラは、初回1,550円、2回目からは2,350円

という価格なので、善玉菌のチカラの
方が試しやすい価格になっています。

内容量は、

乳酸菌革命は1日2粒目安で31日分

善玉菌のチカラは1日1粒目安で31日分

なので、どちらも31日分です。

単純に価格を比べてみると、
善玉菌のチカラの方がコスパは
良さそうだと思いました。


乳酸菌革命と善玉菌のチカラで気になったところ。

乳酸菌革命と善玉菌のチカラで
気になったところが一つありました。

それは、

子どもには使っていいのかな?

ということ。

乳酸菌や善玉菌のサプリメントって
お子さんのために探している方も
多いと思うんです。

なので、僕は子どもに使える
サプリメントなのかな?という点
もしっかりと見ているんですね。

乳酸菌革命は、公式サイトの
Q&Aページにて、

「合成保存料や合成着色料は使用していないので、飲んでも問題ないかと思います。」

「小さなお子様など喉に詰まる危険性のある方は、カプセルをとって中にある粉末をお召し上がりください。」

といったことが書かれていたので、
子供でも飲めるサプリメントだと
思いましたね。

善玉菌のチカラの場合は、
販売ページの『摂取上の注意』に

「小さなお子様には与えないでください」

と書かれていました。

小さなお子様が何歳くらいまで
なのかはわかりませんが、

子供には飲ませない方がいいのかな?
と感じました。

というわけで、子供も飲める
乳酸菌サプリメントを探して
いる場合には乳酸菌革命の方が
おすすめだと思います。


まとめ

乳酸菌革命と善玉菌のチカラに
ついて情報を比較してみました。

それぞれ特徴がありましたが、

乳酸菌革命は腸内環境を整えるのに
良さそうで、

善玉菌のチカラはお通じの改善に
良いサプリ

といった感想を僕は持ちました。

どちらのサプリも良いポイントが
あります。

価格の面で見ると善玉菌のチカラが
良いですし、

菌の種類・菌の数が多いという点を
見ると乳酸菌革命がおすすめです。

また、小さなお子さんに飲ませたい
場合にも乳酸菌革命なら安心かなと
感じました。

どちらもヨーグルトよりコスパが
良いと感じたので、毎日の腸内
環境ケアに使ってみるのも
いいかもしれませんね。

何か参考になりましたら幸いです。