乳酸菌革命の定期購入の初回特典でもらえるルイボスティー


乳酸菌革命を定期購入で申し込んだ
際に特典でもらえるルイボスティー。

どんなお茶なのか調べてみました。

ルイボスティーの効果を調べて
みると、アンチエイジングに
いいとか、美肌効果があるとか、

アトピーやアレルギーにもいい
などなど、様々な効果があると
色々なサイトで紹介されていました。

僕はルイボスティーについては
ほとんど知らない状態でしたので、

「そんな良い効果ばかり書かれている
のは本当なのかなぁ?」

と思い、少し懐疑的になって
しまいました^^;

そんな疑問を晴らすべく、
ルイボスティーがどんなお茶で
どんな効果があって、

副作用的なことはあったりするのか
ということを自分なりにちゃんと
調べてみることにしたんです。

そのルイボスティーについて
調べてみたことをこのページに
まとめてみましたので、
何か参考になれば幸いです!

ルイボスティーってどんなお茶?どんな効果があるの?

ルイボスティーは南アフリカで
生産されているお茶です。

原料はルイボスというマメ亜科の
アスパラトゥス属の一種の葉で、

その「ルイボスの葉」を乾燥させて
作る飲み物がルイボスティーと
なります。

ルイボスティーの見た目は、
赤みのある紅茶のような見た目で、
味はほんのり甘みがあるとのこと。

ルイボスティーは健康茶として
知られているようで、

・カフェインが入っていない。

・タンニン濃度が低い。

・抗酸化作用があるとされている。

といった特徴があるようです。

ルイボスティーのSODと活性酸素とは。

ルイボスティーについて紹介を
されているサイトで、特筆されて
いたのは『SOD』という物が
含まれているということでした。

このSODは

「スーパーオキシドディスムターゼ」

というもので、

「細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素」

だそうです。

ちなみに『活性酸素』とは酸素を
利用して代謝が行われる過程で
自然に体内で発生するものだそうで、

身体の老化現象を起こしたりする
ものとして知られていますが、
身体を守る働きもあるもの
なんだということ。

この活性酸素が増えすぎると身体を
「酸化」させて害になってしまい、

シミやしわ、動脈硬化や糖尿病
などの原因になると言われている
ということです。

そして、その活性酵素を分解する
酵素であるSODがルイボスティーに
含有されているという話なんですね。

この情報を見て私が思ったことは、

「SODが含まれているとして、どれくらいの量が含まれているの?」

ということです。

そこで、気になったことはすぐに
調べたくなる私は、

「一般社団法人 日本食品分析センター」

というサイトで、ルイボスティーに
ついて調べてみました。

そのサイトでサイト内検索に
「ルイボスティー」と打ち込んで
情報を調べてみると、

『各種食品の抗酸化能を比較する』

というページがあったので、
そこを読んでみることにしたんです。


そして見てみた結果について、
次の項目でざっと自分なりに
まとめてみました。

ルイボスティーの抗酸化能は?

まず『抗酸化能』という言葉の
意味についてですが、

「抗酸化能(すなわち,フリーラジカルや活性酸素を消去する能力)」

と書かれていました。

『各種食品の抗酸化能を比較する』
というページで比較がされて
いたのは、

「スーパーオキシド消去能」と
「DPPH ラジカル消去能」という
ものの2つです。

ルイボスティーはSOD(スーパー
オキシドディスムターゼ)という
酵素が含まれているそうなので、
スーパーオキシド消去能を
チェックしてみました。

そして、チェックをしてみた
結果ですが、

ルイボスティーの1gあたりの
スーパーオキシド消去能は、
普通の食品よりは量が多い。

けど、コーヒーやほうじ茶、
紅茶よりは量が少ないという
感じでした。

正直、単位がよくわからんのですが、

ルイボスティーが3,900

インスタントコーヒーが26,000

ほうじ茶が70,000

紅茶が75,000

という値になっておりました。

また、ルイボスティーは
DPPHラジカル消去能という
ものの数値は相対的に大きい
ようです。

調査方法について、

「食品のデータは全て可食部に
ついて調査したものです。
また、加熱や調理などの処理は
一切行わず、茶葉などについても
そのものについて調査したものです」

ということでしたので、加熱を
したりするとまた変わって
くるのかな?とも思いましたが、

このデータも一応の参考には
なるんじゃないかと思いました。

正直、データを見てもいまいち
ルイボスティーの抗酸化能が
凄いのかどうなのかしっかり
理解できませんでしたが、

気になる方はデータを見てみると
いいかもしれません。

ルイボスティーに副作用的なものってあるの?

ルイボスティーに副作用的な
ものがあるのかということに
ついて調べてみました。

調べてみたところ、副作用といって
いいのかわかりませんが、ルイボス
に含まれているビテキシンという
成分に、ヨード(ヨウ素)
吸収阻害作用があるらしいです。

ヨード(ヨウ素)の吸収阻害作用
があることから、甲状腺機能が
低い人はルイボスティーの常飲や
高濃度の煎れ方に注意した方が
いいとのことでした。

次に、ヨード(ヨウ素)の一日の
必要摂取量についても調べて
みました。

ヨードは海藻類や魚介類に豊富に
含まれており、日本人はそれらを
食べることが習慣的になっている
ので、不足が問題になることは
ほぼないそうです。

むしろ、過剰摂取をした場合には
健康障害が引き起こされる可能性
があるため、その点に注意が
必要だということでした。

これらの情報をもとに考察して
みると、ルイボスティーを飲むこと
でのヨード欠乏症については、
そこまで気にしなくていいように
僕は感じました。

甲状腺機能が低い方や、
ヨード欠乏症がなんとなく気に
なってしまうという場合には、
ルイボスティーの飲用はあまり
しない方がいいかもしれません。

ルイボスティーのまとめ

ルイボスティーについて調べてみた
情報を書いてきましたが、
いかがでしたでしょうか。

実際に色々と情報を調べて
みましたが、

僕がルイボスティーに対して
出した結論は、

「ノンカフェインのお茶として、
普通に飲用するのにはよさそう」

という感想です。

僕は普段。紅茶や日本茶を普通に
飲んでいるので、それとあわせて
飲んでみようかなぁという感じ。

乳酸菌革命の特典で頂けるので、
試しに飲んでみた際には、
改めて感想を紹介できたらと
思います。




⇒公式ページで詳細を確認