乳酸菌革命とおなか革命についての
情報を比較してまとめた情報を
紹介しているページです。

特徴やサプリの形状、菌の種類や数、
成分・原材料、価格やコスパなどに
分けて比較しています。

まずは乳酸菌革命とおなか革命の
大きな特徴についてです。

1、特徴

乳酸菌革命とおなか革命はどちらも
腸内環境をサポートするための
サプリメントですが、それぞれ
特徴が違います。

乳酸菌革命は、16種類もの
乳酸菌が使われていて1粒に
500億個も含有されている
という特徴があり、

おなか革命は、お腹に良い8つの
成分を1粒に凝縮しているという
特徴があります。

それぞれの特徴は違いますが、
乳酸菌革命とおなか革命では
同じような原材料が使われている
という共通点もありました。

例えば、乳酸菌生産物質や
有胞子性乳酸菌が使われている
ということや、

乳酸菌だけでなく食物繊維や
オリゴ糖なども配合されている
というところです。

同じような原材料が使われている
という点からも、

「どちらがいいんだろう?」

と思ってしまい、選ぶのが
難しく感じてしまうかも
しれませんね^^;

特徴の次は細かい違いの
比較情報を紹介します。

2、形状・飲みやすさ・飲み方を比較。

乳酸菌革命とおなか革命は
どちらも粒(カプセル)状の
サプリメントです。

なので、飲みやすさはそこまで
変わらないと思います。

飲み方についても、水と一緒に
飲むという方法になります。

3、菌の種類と菌の数を比較。

乳酸菌革命とおなか革命それぞれに
使われている菌の種類と、摂取できる
菌の数について比較してみます。

乳酸菌革命では、

・ビフィズス菌

・ラブレ菌

・ガセリ菌

といった菌をはじめとして16種類の
乳酸菌が使われています。

1粒で500億個摂取できるようで、
1日の摂取目安量の2粒だと
1000億個摂取できます。

おなか革命は、

・ナノ型乳酸菌nEF

という乳酸菌が1粒に1000億個
使われているようです。

また、有胞子性乳酸菌が1粒に
1000万個含有されていたり、
乳酸菌生産物質が使われています。

どんな乳酸菌が使われているのか
詳細はわかりませんでしたが、
いくつかの種類の乳酸菌が配合
されているのかな?と考察しました。

乳酸菌革命とおなか革命は、
1日の摂取量で摂れる菌の数が
だいたい1000億個ほどで、
菌の数にそこまで大きな差は
ないように感じました。

菌の種類については、
乳酸菌革命が16種類で多いと
思いましたが、

おなか革命にどんな種類の
乳酸菌が使われているのか
わからなかったので、
なんともいえないなぁ

という結果になってしまいました。

次は原材料を比較してみます。

4、原材料を比較。

乳酸菌革命の原材料は、

 ・乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)

 ・食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)

 ・ガラクトオリゴ糖

 ・コーンスターチ

 ・グルタチオン含有酵母エキス末

 ・有胞子性乳酸菌

 ・乾燥生菌末(ビフィズス菌、ガセリ菌)

 ・乳酸菌末(EC-12)

 ・ラブレ菌

 ・HPMC

となっています。

おなか革命の原材料は、

 ・穀物発酵エキス末(穀物発酵エキス、マルトデキストリン)(小麦を含む)(インド製造)

 ・大豆抽出物(イソフラボン含有)

 ・乳酸菌末(乳酸菌(殺菌)、デキストリン)(乳成分を含む)

 ・亜鉛含有酵母

 ・乳酸菌生産物質(大豆、乳酸菌)

 ・ビートオリゴ糖(ラフィノース)

 ・有胞子性乳酸菌

 ・難消化性デキストリン

 ・HPMC

 ・結晶セルロース

 ・ショ糖脂肪酸エステル

 ・二酸化ケイ素

となっています。

それぞれの原材料を比べてみると、

乳酸菌生産物質やオリゴ糖、食物繊維
有胞子性乳酸菌、HPMCなど
共通している原材料がありました。

とはいえもちろん異なっている
原材料の方が多いです。

原材料を見るポイントとしては、
最初に何が表示されているのか?
というところ。

原材料は使用した重量の割合の
高い順に表示されているので、
何が一番多く使われているのか
ということがわかります。

乳酸菌革命だと「乳酸菌生産物質末」
が一番多く使われていますが、

おなか革命では「穀物発酵エキス末」
が一番多く使われています。

穀物発酵エキス末は

「ダイジェザイム」

と呼ばれているもので、
5つの消化酵素活性を含む、
植物性発酵素材だそうです。

なので、おなか革命はダイジェイザムが
メインで乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖
などが配合されているサプリということ
なのかな?と僕は考えました。

摂取できる乳酸菌の量も多いので
菌活に良さそうなサプリですね。

ただ気になったのは、使われている
添加物が多いかなぁということ。

・HPMC

・結晶セルロース

・ショ糖脂肪酸エステル

・二酸化ケイ素

と4つ使われていることが
気になりました。

一方、乳酸菌革命はカプセルの
原材料であるHPMC以外は
添加物が使われていないので
安心感が高いと思います。

乳酸菌革命は合成保存料や
合成着色料などが使われて
いないので、子供に飲ませたいと
いう場合にもいいかもしれません。

5、価格・コスパを比較。

乳酸菌革命とおなか革命の価格を
比較してみました。

乳酸菌革命は、

 ・通常価格 → 3,000円(税別)

 ・定期コース価格 → 2,750円(税別)送料無料。

おなか革命は、

 ・通常価格 → 4,000円(税別)

 ・定期コース価格 → 3,200円(税別)送料無料。

通常価格で見ると1,000円、
定期コース価格で見ると450円
乳酸菌革命の方が安いという
結果でした。

内容については、

乳酸菌革命は1日2粒で31日分

おなか革命は1日1粒で30日分

となっているので、コスパも
乳酸菌革命の方がいいという
ことになると思います。

6、まとめ

乳酸菌革命とおなか革命の情報を
比較してまとめてみました。

それぞれの特徴や菌の量、成分・
原材料などを見て、どちらも
菌活に良いサプリメントだと
感じましたね。

二つのサプリを比べてみた結果、
僕がおすすめしたいのは
乳酸菌革命です。

 ・菌の種類と菌の数が多いこと

 ・カプセル以外の原材料に添加物が使われていないこと

 ・コスパがいいこと

といったポイントに僕は良さを感じました。

実際に使用していて良い変化を
感じていることもおすすめできる
ポイントだと感じています。

以上、何か参考になれば幸いです。