乳酸菌革命の飲み方や、飲むタイミングについて紹介します。

 

まず乳酸菌革命の飲み方について。

乳酸菌革命を飲むときは、1日2~6粒を目安として飲むのがいいとのこと。
普通に水で飲むのがいいでしょう。

 

健康食品なので、薬と一緒のタイミングで飲むのも問題ないようですが、心配な場合はお医者さんに相談したほうがいいということです。

また、通院中や食事制限をしている場合にはお医者さんに相談をしてくださいとのことでしたので、注意しましょう。

 

次に乳酸菌革命を飲むタイミングについてです。

乳酸菌革命を飲むタイミングについては公式サイトの「よくあるご質問」に記載されていましたが、『基本的にはいつ飲んでも構わない』ということでした。

また、習慣のためにも毎日同じ時間帯に飲むことがおススメされていましたね。

 

乳酸菌革命はいつ飲んでも構わないということですが、一般的に乳酸菌を飲むのに良いタイミングってあるのかな?と疑問に思っている方もいると思うので、ご紹介いたします。

 

乳酸菌を飲むのに良いタイミングをネットで調べてみると、

・「就寝前」がいい

・「食後」に飲むのがいい

・起きてすぐ・食前は胃酸が強いから「朝食後」が良い

・「朝食後30分以内」が良い

・乳酸菌は胃液に弱いので食事の影響を受けない「空腹時」が最善

・菌は胃酸でやられてしまうから,食後の方がいい

・吸収がいいのは寝る前。

・食後の服用が善玉菌が胃酸で殺されず腸まで届き、空腹時よりもより効果的だと思われる。

などなど、様々な意見があります。

 

おおむね一致していたのが、「胃酸の影響を受けない時間帯がいいよー」ということと「寝る前がいいよー」ということですね。

 

まず胃酸の影響を受けない時間帯がいいということについて。

例えば、ヨーグルトの乳酸菌は胃酸に弱く、腸に届く前に多くの乳酸菌が死んでしまうといわれています。

そのため、胃酸に強く生きたまま腸まで届きやすいと言われている植物性乳酸菌を摂取する方がいいよと言われていたりするんですね。

 

乳酸菌革命は、有胞子乳酸菌という耐熱性に優れている乳酸菌が使われていたり、胃酸などから守るためのカプセルに入っているため、食品から摂取する乳酸菌よりも腸へと届きやすくなっていると思います。

ですが、万全を期すために一応といえど胃酸の影響を受けにくいタイミングで飲むようにした方が良いのではないかと僕は考えました。

 

胃酸は食事を摂ろうとしたときや、食べた物が胃に入ったら分泌されるので、食後の胃酸が薄まった時が乳酸菌を摂取するタイミングに良いと思います。

食後なら朝でも昼でも夜でも良いと思いますが、私は夜に摂取するようにしました。

 

その理由は、夜の22時から2時という時間が「腸のゴールデンタイム」と言われているからです。

腸の働きが活発になる時間帯なので、それに合わせて乳酸菌を摂るというのは効果的なのではないかと、私は考えたんですね。

 

だいたい20時くらいにご飯を食べるので、食べ終わって21時過ぎから22時くらいに飲むようにしています。

とはいえ、夜に飲むのと、朝と昼に飲むので実際に変化があるのかはわかりません。

なので時間帯はそこまで気にせず、食事の後に摂取するということを心掛ければいいのかなとも思います。