乳酸菌革命とビフィーナSは
どちらもビフィズス菌が含有
されているサプリメントです。

この2つのサプリメントの
特徴・違い・価格などを
比較してまとめてみました。


乳酸菌革命とビフィーナSの特徴

まず、乳酸菌革命特徴です。

乳酸菌革命はビフィズス菌だけ
ではなく、ラブレ菌・ガセリ菌など
全部で16種類もの乳酸菌が
含まれています。

それらの菌が1粒に500億個も
入っているというサプリメントです。

ということで、乳酸菌革命は
菌の種類菌の数が大きな特徴に
なると思います。


次にビフィーナS特徴です。

ビフィーナSは、「ビフィズス菌
(ロンガム種BB536)」を
1袋に50億個含有している
サプリメントになります。


ビフィーナSの販売ページに
書いてありましたが、

「ビフィズス菌(ロンガム種
BB536)には、腸内フローラを
良好にし、便通を改善する機能が
あることが報告されています」

ということだそうです。


乳酸菌革命とビフィーナSの
大きな特徴は以上になります。


乳酸菌革命とビフィーナSの違いは?

乳酸菌革命とビフィーナSの違い
について3つに分けてまとめて
みました。

1、菌の種類と数

ビフィーナSにはビフィズス菌
1袋に50億個入っています。

成分を見てみると、ビフィズス菌
だけでなく、アシドフィルス菌、
ガセリ菌などの乳酸菌も
入っているようでした。

販売ページの栄養成分表示の
「その他成分」に乳酸菌10億個と
書いてあったので、

ビフィズス菌の50億個と合わせて
1袋に60億個ということかなと
考察をしました。


乳酸菌革命は、1粒に500億個
乳酸菌が入っています。

さらに、ビフィズス菌・ラブレ菌・
ガセリ菌をはじめ16種類もの
乳酸菌が入っているんです。


比較してみると、菌の種類・
菌の数ともに乳酸菌革命の方が
多い
ということがわかりますね。


2、飲みやすさ

乳酸菌革命は粒状(カプセル)の
サプリメントですが、

ビフィーナSは粉末状の
サプリメントになっています。

カプセルと粉末のどちらが
飲みやすいかは人によると
思いますが、

個人的にはカプセルの方が
飲みやすく感じます。



また、飲む量ですが、

乳酸菌革命は1日2粒~6粒。

1袋に62粒入っているので、
1日2粒で31日分です。

ビフィーナSは1日1袋。

1箱に30袋入っているので、
30日分となっています。


3、価格

次は乳酸菌革命とビフィーナSの
価格を見ていきます。

どちらも公式サイトから購入する
場合で、1ヶ月分の価格です。


乳酸菌革命は、定期コース利用だと
税込2,970円。

ビフィーナSは、初回限定
税込2,980円。

比べてみるとどちらも
同じくらいの値段ですね。


ただ、気になったのが、

乳酸菌革命は定期コースを
続けている限り毎月1袋が
税込2,970円ですが、

ビフィーナSは初回限定の
値段なので、2回目の購入以降は
安くならないのかな?

ということです。


また、公式サイトではなくamazonで
両方とも値段を調べてみました。
(2019年1月23日調べ)

乳酸菌革命は1袋で、2,990円。

ビフィーナSは1箱で、3,656円。

結構金額に違いがありました。

ということで、毎月続けていく
場合には、価格に結構な差が
出てくるかもしれません。


ビフィーナSの成分を見て気になったこと。

ビフィーナSの原材料を見ていたら
気になる点がありました。

その気になる点は、

・エリスリトールという甘味料が一番多く使われている。

・食用油脂やゼラチン、デンプンがビフィズス菌より多く使われている。

・グリセリンや乳化剤、酸味料や増粘剤、香料、着色料などが使われている。

ということです。

食品やサプリメントなどの原材料名
には、使用した重量の割合が高い順から
書かれているのはご存知ですよね。

ビフィーナSの場合、その
「使用した重量の割合が高い物」
の中で1番なのが

『エリスリトール』

という甘味料なんです。


メインで摂りたい菌よりも、
甘味料が一番多いって言うのは
個人的に「なんだかなぁ」と
思ってしまいました^^;

また、エリストールのほか食用油脂や
ゼラチン、デンプンなどが
ビフィズス菌よりも先に書かれて
いたのも非常に気になりました。


あと、グリセリンや乳化剤などの
添加物が使われている点も
気になるところ・・・。

昔購入したときにはそこまで
気にしませんでしたが、
今は原材料もしっかりとチェックを
するようになったので、厳しめに
見てしまいますね^^;


一方、乳酸菌革命の原材料を
見てみると、1番最初に
書かれているのは

『乳酸菌生産物質粉末』

というものです。


乳酸菌生産物質とは、ビフィズス菌
や乳酸菌などが作り出している
物質のことで、それを粉末状に
したもの。

乳酸菌生産物質は、乳酸菌などと
違い生きた菌ではないため、
身体になじみやすいそうです。

また、乳酸菌革命には合成保存料や
合成着色料が使われていないという
ところも個人的には安心だなぁと
感じたポイントでした。


乳酸菌革命とビフィーナSを使ってみてどちらが良かったか?

僕はビフィーナSを以前1箱購入
して試したことがあります。

しかし、その時は変化を感じる
ことができず辞めてしまいました。


そして、その後改めて
プロバイオティクスを
探してたどり着いたのが
乳酸菌革命だったんです。

そして今は乳酸菌革命で変化を
感じることができているので、
数ヶ月続けています。

ビフィーナSを試したのは数年前
でしたので、現在のビフィーナS
とは原材料が多少変わっている
ようです。

そのため、今のビフィーナSに
少し興味はありますが、
原材料や価格などが気になるのと、

現在は乳酸菌革命で調子の良さを
実感できているので、

今のところ試す必要はないかなぁ
と思っています。


まとめ:乳酸菌革命とビフィーナSはどちらがおすすめか?

乳酸菌革命とビフィーナSについて
特徴・違い・価格などを比較して
まとめてみました。

個人的な見解にはなってしまい
ますが、私がおすすめしたいのは
乳酸菌革命です。

その理由としては、

・乳酸菌のサプリメントを選ぶ基準として、菌の種類が多いもの・菌の数が多いものが重要だと勉強したから。

・健康のために数ヶ月続けていくとした場合、乳酸菌革命の定期コースの方がコスパがよさそうだから。

・ビフィーナSの原材料を見ていたら、添加物などが気になったから。

・実際にビフィーナSと乳酸菌革命を使った経験で、変われたなぁと感じたのが乳酸菌革命だったから。

ということがあげられます。

以上、何か参考になりましたら幸いです。