乳酸菌革命とベビー乳酸菌を
比較した情報を紹介しています。

どちらも乳酸菌のサプリメント
なのでどっちが良いのか
気になりますよね。

比較してみた結果から言うと、
私としては乳酸菌革命が
おすすめだと思いました。

その理由は情報を比較しつつ
お伝えしていきたいと思います。

ベビー乳酸菌は、「クリスパタス菌」
という乳酸菌が配合されていると
言う特徴があるサプリメントです。

楽天のリアルタイムランキングで
1位を獲得したことがあることや、

モニターさんの満足度が96%と
いうことで、

とても気になる乳酸菌サプリの
1つです。

そんなベビー乳酸菌と乳酸菌革命の
情報を3つの項目に分けて
比較をしてみました。

まずは乳酸菌サプリメントの
肝である菌についてです。

菌について、ベビー乳酸菌と比較

使われている菌の種類が
何種類なのか?ということと、

1日の摂取目安でどれくらいの菌が
摂取できるのかという菌の数に
ついて調べて比較をしてみました。

ベビー乳酸菌はクリスパタス菌と
ビフィズス菌が使われていると
書かれていました。

他の菌が使われている記述が
なかったので、使われている菌の
種類は2種類だと考察しました。

乳酸菌革命はビフィズス菌、
ラブレ菌、ガセリ菌をはじめとした
16種類の菌が使われているので、

菌の種類は乳酸菌革命の方が
多いですね。

次に菌の数がどれくらい摂取できる
のかということについてです。

ベビー乳酸菌は販売ページで
摂取できる菌の数が書かれて
いなかったのでわかりません
でした。

一方、乳酸菌革命は1日の摂取
目安2粒で1,000億個摂取
できるようです。

ベビー乳酸菌を飲んだときに1日で
摂取できる菌の数がわからなかった
ので、比較できないという結果と
なってしまいましたね。

使われている菌の種類については
乳酸菌革命の方が多いようなので、

菌の種類が多い乳酸菌サプリメントを
探している場合には、乳酸菌革命が
おすすめできると思いました。

原材料についてベビー乳酸菌と比較

サプリメントを選ぶときに原材料を
見る事はとても大切なことだと思って
いるので、

原材料についてベビー乳酸菌と
乳酸菌革命の比較をしてみました。

乳酸菌革命の原材料は、

・乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)

・食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)

・ガラクトオリゴ糖

・コーンスターチ

・グルタチオン含有酵母エキス末

・乳酸菌末(EC-12)

・有胞子性乳酸菌

・乾燥生菌末(ガセリ菌)

・ラブレ菌

・HPMC

という原材料でした。

使われている原材料は、
乳酸菌などの菌類が多いです。

それだけでなく、食物繊維や
オリゴ糖なども使われています。


そして、乳酸菌生産物質粉末が
使われていることが一番の
ポイントだと思います。

乳酸菌生産物質は、腸内で乳酸菌に
よって作られる物質のことです。

それを直接摂取できるというのは、
他の乳酸菌しか入っていない
サプリメントとの大きな違い
だと感じています。

また、カプセルの原材料(HPMC)
以外に添加物が使われていないと
言う点もいいですね。

大豆由来の原材料を使用している
ため、大豆アレルギーの方は注意が
必要ですが、

カプセル以外に添加物が使われて
いないので安心感はあります。

次にベビー乳酸菌の原材料です。

・イソマルトデキストリン

・難消化デキストリン

・キシロオリゴ糖

・乳酸菌KT-11(殺菌)粉末

・ビフィズス菌末(生菌)

・HPMC

・食用油脂

以上の原材料が使われていると
いうことでした。

まず、イソマルトデキストリンと
難消化性デキストリンが先に
表示されていたので、

食物繊維が多めに入っているのかな?
と思いました。

そして次にキシロオリゴ糖、
その次から乳酸菌とビフィズス菌の
菌末という原材料の並びでした。

カプセルの原材料は乳酸菌革命と
同じHPMCという添加物です。


その他に食用油脂も使われていると
いうことでした。

添加物は乳酸菌革命より数としては
1つ多いですが、気にするほどでも
ないような印象です。


アレルギー成分が不使用という点で、
ベビー乳酸菌は安心感があると
思いました。

ただし、乳酸菌サプリメントの原材料
としては、乳酸菌生産物質や様々な
菌が使われている乳酸菌革命の方が
良さそうに思えましたね。

価格・コスパについてベビー乳酸菌と比較

サプリメントを購入する決め手の
ひとつとなる「価格・コスパ」に
ついて比較をしてみました。

1袋購入をする場合の比較となります。

まずは通常価格の比較をしてみました。

・乳酸菌革命  → 3,000円+税

送料は300円です。

・ベビー乳酸菌 → 4,190円+税

送料はクレジットカード決済の
場合のみメール便が選択できて、
その場合は送料無料でした。

代引きだと送料は540円だそうです。

通常価格を比較してみた結果、
乳酸菌革命の方が安いことが
わかりました。

次に定期購入価格の比較です。

・乳酸菌革命  → 2,750円+税

定期購入は送料無料です。

・ベビー乳酸菌 → 3,350円+税

定期購入でメール便なら
送料無料だそうです。

定期購入はどちらも価格が
安くなりますが、やはり
乳酸菌革命の方が安いですね。

また、ベビー乳酸菌を定期購入する
場合だと、3回以上の購入継続を
約束する必要があるそうです。

乳酸菌革命の場合はいつでも解約
できるので、安い価格で試してみたい
という時も安心です。


内容量については、どちらのサプリ
も1袋に62粒入っており、1日の
摂取目安2粒を飲むと31日分と
なります。

そのため、価格の安い乳酸菌革命の
方がコスパも良いということに
なりますね。

乳酸菌革命とベビー乳酸菌を比較したまとめ

乳酸菌革命とベビー乳酸菌について、

・菌について

・原材料について

・価格とコスパについて

という3つの項目に分けて
比較をしてみました。

菌については使われている種類と
摂取できる量について比べて
みましたが、

菌の種類については乳酸菌革命の方
が多いようでしたね。

菌の数についてはベビー乳酸菌で
摂取できる数がわからなかったため、
比較できませんでした。


原材料についてはどちらも乳酸菌
などの菌以外にも、善玉菌の餌になる
食物繊維やオリゴ糖などが使われて
いることがわかりました。

また使われている添加物が少なかった
ので、どちらも安心感があるサプリ
だと思いました。


そして、価格・コスパについては
乳酸菌革命の方が安かったです。

内容量も一緒なのでコスパも
乳酸菌革命の方がいいと
考察できました。


以上3つの情報について比較した
まとめとして、僕がおすすめしたい
のは「乳酸菌革命」です。

使われている菌の種類が多いこと

摂取できる菌の数も多めなこと

原材料に安心感があること

価格が安めでコスパが良いこと

定期購入がいつでも辞められること

などがおすすめの理由となりました。

ただ、乳酸菌革命は大豆由来の
原材料を使っているため、
大豆アレルギーの場合には控えた
方が良いということ。

そのため、原材料のアレルギーが
気になる場合にはアレルギー成分が
不使用のベビー乳酸菌がいいかも
しれません。


また、個人的にはベビー乳酸菌で
使われている「クリスパタス菌」と
いう菌も気になったので機会が
あれば試してみたいですね。

以上、何か参考になれば幸いです。