印刷用の補正とは
DTP(印刷)目的の画像データは特殊な物を除きCMYKデータという
インクの色を基本にしたデータです。
すなわちCはシアン、Mはマゼンダ、Yはイエロー、Kはブッラク

Web用で見るモニター用のデータはRGBデータという光の3原色であらわします。
すなわちRはレッド、Gはグリーン、Bはブルーです。

表現できる色域がCMYKよりRGBの方が広い為
撮影データであるRGBデータをCMYKに変換する際に
色味が変わってしまいます。CMYKは特に鮮やかな色が苦手です。

この変わってしまった色味を補正するのが印刷用の補正です。

印刷用の補正は正確には、紙の質やインクの種類により変化する為
印刷業が受け持つ範囲なのです。

ここで間違っては行けないことは
色の表現はRGBデータの方が優れているが
イメージの表現はモニターの環境の違いを考慮すると、紙媒体に印刷することは普遍の為また、色以外にも紙の光沢やエンボス効果を期待できる
DTP(印刷)の方が優れているという事です。

撮影同様、印刷用の補正もまたプロフェッショナルな世界なのです。





商品撮影のスタジオランプアイ−Top