スタジオランプアイのおすすめ本

   First Step デジカメ 撮影編

ホームページを作るためにはデジカメ撮影の修得は必須ですね。
インターネットで調べるのももちろん良いのですが、ネットサーフィンは時間のある時のお楽しみに。

プロの目からみて1冊あると便利なデジカメ撮影の本をあつめました。
いつでも手の届くところにおいておけば時間の節約にもなります。


Amazon.co.jp アソシエイト
カバー画像をクリックすると
amazon.co.jpで購入できます


下はamazon.co.jp
のおすすめ本
デジタル一眼レフ写真講座 2004/08/1UP

デジタル一眼レフ写真講座

デジタル一眼レフカメラの撮影技術について、実際に撮影を行いながら、ステップアップして学習できる。

目次

1 デジタルフォト基礎編(モニタの調整
撮影―コンピュータにデータを保存するまでの手順
画像データのプリント ほか)
2 デジタルフォト撮影編(撮影の基礎技術
ライティング)
3 デジタルフォト暗室編(画像調整
レタッチ
コンピュータでの暗室技術 ほか)

「一眼レフ」というより撮影全般をカバーしている
モニターの設定から始まり、ソフトを使ったレッタチ
RAWモードなど広く解説している。

一眼レフに関わらずデジカメ撮影全般のファーストステップとしてお勧めです。

2003/09/20UP

標準デジカメ撮影講座  久門 易 (著)

うたい文句は「100を超える具体例から学ぶプロ顔負けのデジカメ撮影術!」
となっているが内容は初心者向け
 
 ピントあわせから始まり、最後は自動車の撮影まで解説はおよぶ
 豊富な被写体別の撮影事例が魅力

★撮影物リスト
【電化製品】
アルコールチェッカー、加湿器、携帯電話、扇風機、パソコン
【人物】
上半身、女性顔写真、女性上半身写真、女性全身写真、男性顔写真、ネイルアート、ヘアスタイル
【食品】
イクラ、インスタントラーメン、お茶缶、ケーキ、コーヒー豆、シャンパン、セットメニュー、透明なビン、ドリンク、パスタソースのビン、パン、プリン、ラーメン、リンゴ、弁当、和菓子、和定食
【健康食品】
栄養ドリンク、粉末スポーツドリンク、錠剤
【雑貨】
鏡、ガラスのビン、黒いパッケージ、財布、皿、収納ボックス、中国健康球、ライター、理美容はさみ、レターセット
【宝飾品】
腕時計、ネックレス、指輪
【衣類】
Tシャツ、コート、下着、ジャケット、セーター、パシュミナ、パンツ、和服
【服飾雑貨】
エンブレム、靴、サングラス、スニーカー、バッグ、帽子
【化粧雑貨】
石けん、化粧品、香水
【花】
バラの花束、ランの鉢植え
【家具】
イス・スツール、額、キャビネット、チェスト、ペンダントライト
【建物】
店舗、バスルーム、マンション、レストラン、夜景
【その他】
アウトドアランプ、壁紙、時刻表、自転車のパーツ、自動車

 
照明器具メーカーSD社のホームページでおなじみの著者だけあって
 その照明器具の使用事例は豊富
 リーファをお持ちの方は楽しく読める。

 
2003/07/04UP

 デジカメのえほん

 絵本のようにパラパラめくっていくと自然にデジカメ撮影が理解できます。
 わかりやすいが一番、内容は初心者向けですが
 なにより読むのが楽しい本です。

 女性を意識した構成ですが、入門書として最適な1冊です。
 仕事で疲れた頭にはこんな本が良いですね。


目次

デジカメさえ手に入れれば写真はうまく撮れるんでしょ?

教訓その1 デジカメは何を撮ったらいいかなんてことはぜんぜん考えてくれない

教訓1のおさらい 写真を撮るっていうことは、何かを見つけるっていうこと

教訓その2 デジカメはピントはど真ん中に合わせるものと思い込んでいる

教訓2のおさらい ピントで主役(テーマ)が決まります

教訓その3 デジカメは頼まなくてもストロボを発光してせっかくのムードを台無しにしてしまう

教訓3のおさらい ストロボ使っていいことなしと思っておこう

〔ほか〕
cover
 2003/05/08UP

 デジカメ解体新書―カラー全図解 高画質めざす知恵と技術全解剖 CQ books

 デジカメとはなんぞや!
 そんな疑問に答えてくれるのが本書
 原理を知るのもデジカメ撮影上達の近道
cover  2003/05/08UP

 デジカメだからできるビジネス写真入門

 Web用の写真撮影はもちろん「仕事のために撮影する写真」
 をわかりやすい言葉で解説
 デジカメを持っているなら徹底的に仕事に生かそう
cover  2003/05/08UP

 Webデザインのためのデジカメ基礎講座

 Web用の写真撮影に特化
 身近な機材で行う商品撮影を、ジャンル別に解説している為
 オンラインショップの運営者には最適な1冊になっている。
 
 商売敵の本?いいえ愛読書です。
 
 商品撮影経験者にはご理解頂けると思いますが
 商品撮影は照明器具やカメラをいくらいいものにしても簡単には行きません。
 沢山の経験を積んでも難しいものです。

 ただ撮影のご依頼をうける当方としては、撮影のイメージや、見え方が想像できる程度に知識のある方の方が、仕事は受けやすいですね。

 そう言った意味でも本書は一番のお勧め本です


 目次
 共感は、らしさ(ふさわしさ)と歓迎感から生まれる
 らしさ(ふさわしさ)を生む3つのテイスト
 共感をより盛り上げる歓迎感
 信頼感は画像の描写性で決まる
 信頼感は写っているものそのものが美しいこと
 この本で使った撮影の機材
 ライティングの法則
 ライティングの基本操作
 反射光の調整
 モチーフ(被写体)のセッティング
 ネットオークション用画像のポイント
 背景の工夫
 背景で別世界をつくり出す
 共感をよぶふさわしさと歓迎感
 安心感は内部公開で生まれる
 ふさわしさを決める要素
 美しさを決める構図の要素

cover  2003/05/08UP

 仕事で使うデジカメ写真 徹底活用マニュアル

 上の「デジカメだからできるビジネス写真入門」と同じ主旨だが
 こちらは業種別の具体的なデジカメ使用事例を教えてくれる。

おすすめ本 Professional 商品撮影・コマーシャルフォト編

おすすめ本 ホームページ作成・運営、Webデザイン編

商品撮影のスタジオランプアイ トップへ